履きやすいスリッポンを愛用されている方も多いですよね。

 

使っていれば汚れます。

 

まず、すでに汚れているスリッポンを洗うことからご紹介します。

 

綺麗になったところで、その後のお手入れが楽になる方法もやっていきましょう

 

愛用しているからこそ、綺麗にして、長く使い続けたいですものです。

 

スリッポンの材質別洗い方

 

材質で洗い方も変わってきます。

 

スリッポンでよく使われている、『キャンバス地』『スエード』『合皮』について、ケース別に紹介してきます

 

キャンバス地のスリッポンの洗い方

 

洗剤は中性洗剤を使いましょう。

 

布地汚れなので、洗濯用洗剤(アルカリ性)でもいいような気がしますが、すすぎが十分でないと、残った成分と紫外線が反応して、黄ばみが出てきてしまうのです。

 

靴は洗いにくい形状ですので、すすぎ残りがどうしてもでてきやすので、中性洗剤(台所用洗剤やおしゃれ着用の洗剤)をオススメします。

 

手洗いの場合

【用意する物】

・バケツ

・ブラシ

・台所用中性洗剤

手洗いの場合

❶ まず大まかな汚れ、靴底の汚れをブラシで落とします

❷ バケツにぬるま湯(40度~50度)を入れて洗剤を溶かします

❸ スリッポンを入れて30分から1時間漬け置きします

❹ 古い歯ブラシで、汚れを落とします

❺ 充分に水ですすぎます

 

洗濯機で洗う場合

 

洗濯機で洗うことも可能です。

 

用意する物

【用意する物】

  • 洗濯ネット(靴用の洗濯ネットも売っています)
  • おしゃれ着用中性洗剤(台所用洗剤は泡がたちすぎるので使わないでくださいね)

水は多めで設定して、洗濯槽にできるだけ当らないようにします。

 

おしゃれ着コースで洗います。

 

乾かし方

 

○洗濯機で脱水する時のポイント

手洗いの場合でも脱水は洗濯機を使用すると便利です。

靴の中に新聞紙かタオルを入れ、片方づつタオルでくるんで洗濯ネットにいれます。

これで洗濯槽の衝撃から靴を守ることができます。

 

○干し方のポイント

天日干しは紫外線で黄ばみが浮き出る可能性があるので、やめましょう。

一番いいのは、段ボールをつま先に入れて、ドライヤーで一気に乾かす方法です。

新聞紙ですと、ドライヤーをかけるとき通気が悪いので、段ボールの方がオススメです)

日陰で2-3日かけて乾燥する方法もありますが、ドライヤーで乾かすとカビなども防止できます。

 

 

合皮のスリッポンの洗い方

 

実は水洗いが可能です。

ただし、キャンバス地よりデリケートですので、手洗いしましょう。

【用意する物】

・バケツ

・ブラシ

・スポンジ

・タオル

・中性洗剤

・洗濯用ネット

合皮製のスリッポンを洗う方法

❶バケツにぬるま湯と中性洗剤を入れます。

❷スリッポンを入れます。

❸漬け置きはしないで、すぐ洗い始めます。

❹皮の部分を痛めいような柔らかいブラシかスポンジで汚れを落としていきます。

❺靴の中は、もう少し、ゴシゴシあらっても大丈夫です(見えない部分なので)

❻充分水ですすいで、洗剤が残らないようにします。

❼タオルでざっと水分をとったら、洗濯機の脱水で水分をできるだけ飛ばしてしまいます(洗濯機での脱水のポイントを参照してくださいね)。

❽シューキーパーや新聞紙を靴の中に入れて、風通りの良い場所で日陰干しします。

 

 

スエードのスリッポンの洗い方

 

汚れが軽い時は、消しゴムと歯ブラシを使います。

 

消しゴムで汚れをこすります。その後、歯ブラシで削りカスと汚れを落としながら、スエードを整えていきます。

 

スエードだけど洗いたい時は・・・

 

さすがにジャブジャブ洗うのはNGです。

【用意する物】

  • スエード用シャンプー(または頭皮用シャンプー)
  • スエード用ブラシ
  • スポンジ
  • タオル
  • 栄養スプレー
  • シューキーパーまたは新聞紙、段ボール
スエード生地の場合

❶まずバケツに水を用意します。

❷くつの中には、タオルを入れ、手も入れます。内側が極力水が入らないようにしておきます。

❸スポンジでスエード表面を充分に水をしみこませます

❹ブラシにシャンプーを付け、スエードの上を丸くブラシで円を描くように洗っていきます。

❺シャンプーで全体を充分洗ったら、スポンジに十分水を含ませ、シャンプーと汚れを洗い落とします。

❻濡れたタオルで水分をふき取っていきます。

❼シューキーパーか新聞紙、段ボールを靴の中にいれて、型崩れを防止します。

❽日陰の風通しの良い場所で乾燥させます。

❾乾燥後、栄養スプレーをかけて仕上げです

 

綺麗になったスリッポンのお手入れ方法(汚れ防止法)

 

新しく購入した時、綺麗に洗った後のひと手間で、その後のお手入れが、とても楽になります。

 

防水スプレーをかけると、水だけでなく、汚れの防止にもなるのです。

 

スプレーでちょっとした汚れはブラシなどで落ちますので、一手間かけておくことをオススメします。

 

素材に合った防水スプレーを用意しましょう

 

  • シリコン系スプレー:持続性があります。革製品はシミになりやすいので合いません。
  • フッ素系スプレー:どの素材にも使える汎用性が高いですが、持続性に難があります。

 

やはり大事にしたいスリッポンには素材にあった防水スプレーがオススメのようです。

 

まとめ

 

スリッポンは素材に合った洗い方をしましょう。

  • キャンバス地のスリッポンは洗濯機でも洗えます。乾燥はドライヤーで一気に乾かしましょう
  • 合皮のスリッポンは手洗いでまるっと水洗い。乾燥は日陰でゆっくり
  • スエードのスリッポンは、専用の洗剤か頭皮用シャンプーで外側を丁寧にスポンジなどで洗っていきましょう。靴を直接水につけないで洗いましょう
  • 汚れ防止に、防水スプレーを活用しましょう。その後手間が格段に違います。