その家の顔とも言える玄関マットは色んなデザインがあり、テンションが上がりますね。

 

ただ最近は、掃除の手間を省きたいと言う事で、玄関のマットに限らずマット類全て敷かないご家庭も多いようです。

 

しかし、マットがあるのとないのでは玄関の華やかさや印象がだいぶ違ってくるように思います。

 

また、風水では玄関マットは外からの邪気を払ってくれるアイテムとして必須だと言われています。

 

そんな玄関マットの掃除方法や簡単な汚れの落とし方、また洗濯頻度などについてご紹介します。

 

玄関マットを洗う頻度は?

 

 

目安は1~2週間に1度の洗濯です。

 

お風呂やトイレなどのマットと比べると、洗う優先順位は最下位になってしまいがちですが、玄関マットは外からの砂やホコリ、花粉などで意外と汚れます。

 

そういった意味でもやはり、1~2週間に一度は洗うべきですので、是非これを目安として掃除を行いましょう。

 

屋外用玄関マットの掃除方法

 

 

玄関マットには屋外用と屋内用、2つのタイプがありますね。

 

屋外用マットとはよく「welcome」などと印字された玄関外に敷くマットのことです。

 

冒頭でもお話した通り、マットの手入れを省く為、玄関マット自体敷かないお宅も随分増えたように思います。

 

しかし、屋外には汚れや雑菌がウヨウヨ。

 

屋外にマットを敷くだけでだいぶ玄関内(屋内)に持ち込まれる汚れや雑菌、または花粉やウイルスなど少なくなると思います。

 

では、早速、屋外用の玄関マットによく使われている樹脂やナイロン素材の掃除方法をご紹介します。

【用意する物】

・ほうき

・掃除機

・中性洗剤

・ホース

汚れ

手順

1.屋外で玄関マットの端を持ち上げ、布団を叩くようにマットの裏面をほうきなどで軽く叩き、ゴミやホコリなどを落としましょう。

2.1で落とせなかったマットの中に入っているゴミやホコリは掃除機で吸い取ります。

3.ホースなどで水をかけ泥などの汚れを更に落とします。

4.どうしても落ちない汚れは薄めた中性洗剤を掛け、軽くこすり落とします。

5.洗剤は水を掛け、残らないように十分に流します。

6.マットは壁などに立て掛けて陰干ししましょう。

 

ポイント!

・玄関マットは乾いた状態の時に掃除すること!

・中性洗剤を使う場合は洗剤が残らないように綺麗に流し切ること!

 

屋内用玄関マットの掃除方法

 

 

一見、屋内用の玄関マットはもちろん屋外用の玄関マット程汚れていません。

 

しかし、一日中動き回って汚れた靴下や汗や皮脂などが付いて、雑菌が繁殖する条件は十分に揃っています。

 

敷いたまま長い間一度も洗濯したことがないという方はご注意ください。

 

①洗濯機で洗える玄関マットの洗い方

【用意する物】

・掃除機

・洗濯用中性洗剤

・洗濯ネット(洗濯機が使える場合)

汚れ

手順

1.まず最初に、玄関マットに付いている洗濯表示を見て、洗濯可能であることを確認すします。

2.あらかじめ取れるゴミは掃除機で吸っておきます。

3.洗濯機が使える場合は洗濯ネットに入れてそのまま洗濯機に入れて洗います。

4.脱水は軽めにし、風通しの良い陰干ししましょう。

 

②洗濯機で洗えない玄関マットの洗い方

【用意する物】

・掃除機

・洗濯用中性洗剤

・ブラシ

汚れ

手順

1.マットに付いている細かいゴミやホコリなどはあらかじめ掃除機で吸っておきます。

2.表面に汚れが付いている場合は一度ぬるま湯でマットを濡らし、洗濯用中性洗剤を使用してブラシで軽くこすり洗いします。

※お風呂の残り湯を使うと便利です!

3.水でよくすすいだ後、マットの表面を上にし、平らになるように陰干しをしたら、十分に乾かします。

 

ポイント!!

滑り止めのラバーがマットの裏面についている場合は特によくマットを乾かしてから使用すること。少しでもマットが湿っている場合、床とマットの間に湿気が発生し、床の変色の原因となります。

 

毎日の玄関マットお手入れ方法

 

 

屋外用や屋内用に限らず、マットは少しでも汚れたらその都度落とすのが基本です。

 

小さな汚れでも、汚れを付着したまま放置している期間が長ければ長いほど、落とす際に時間と労力を要してしまいます。

 

いつでも綺麗で清潔なマットを目指すには、普段から以下の点に気を付けてください。

玄関マットお手入れ方法

ゴミが落ちたらすぐ拾う。

マットもこまめに掃除機をかける。

マットの繊維奥に入り込んでしまったゴミはできるだけブラシで掻き出す。

水分は大敵!水分をこぼしてしまったら乾燥させてから使う。

掃除は毛並に沿って行う。

臭いがついた時の対処法は重曹

 

 

屋内用の玄関マットはどうしても臭いを吸収しがちです。

 

そんな臭いが気になるマットには重曹を使うと便利です。

【用意する物】

・掃除機

・重曹

汚れ

手順

1.臭いの気になるところに重曹を振りかけて、5分ほどおきます。

2.掃除機で重曹を吸い取ります。

3.風通しの良いところに干します。

※それでも臭いが取れない場合は、色落ちしないか確かめた上、消毒用エタノールを掛けると良い。

 

マットにカビが生えてしまった場合は消毒用エタノール

 

 

お気に入りの玄関マットにカビが生えてしまった場合、すぐに諦めて捨てるのは勿体ないです!

 

捨ててしまう前に一度消毒用エタノールスプレーを使ってカビを落としてみましょう。

【用意する物】

・消毒用エタノールスプレー

・乾いた布

汚れ

手順

1.カビ部分に消毒用エタノールスプレーを掛け、よく乾かします。

2.15分置いたら乾いた布なのでこすってください。

 

カビが生えてしまっても早い段階であればクリーニングに出すとかなり薄くなるようです。

 

ただ、カビが生えないようにする為には日々の予防も大切です。

 

酢酸をマットにスプレーするだけで、カビの予防ができるので是非お試しください。

 

玄関マットのレンタルがおすすめ!?

 

 

玄関マットを敷きたいけど、自分で洗うのは面倒だし嫌という方も多いでしょう。

 

そのような方には玄関マットのレンタルはいかがでしょうか?

 

例えば月額○○円などと決まっており、その都度支払わなければいけませんが、定期的に汚れたマットを回収して綺麗な物と交換してくれるので洗う手間要らずで毎日綺麗な玄関マットを使う事ができますよ。

 

マンションの共有部に玄関マットを敷いても良い?

 

 

マンションの玄関の外、つまりマンションの共有部にマットを敷きたいという方は多いでしょう。

 

しかし、共有部であるマンションの廊下部分に玄関マットなどの私物を置くことは基本NGという規約があるマンションがほとんどのようです。

 

マンションにお住いの方でどうしても玄関マットを敷きたいという方は、もう一度ご自身のマンションの規約を確認してみられる事をおすすめします。

 

まとめ

・屋外用の玄関マットを掃除する際は、軽く叩いたり、掃除機で吸うなどしてホコリを十分に落としてから洗い、風通しの良い場所に陰干しすると良い。

・屋内用の玄関マットで洗濯機が使える場合は、あらかじめゴミやホコリなどを掃除機で吸ってから洗濯ネットに入れて脱水を軽めにして洗い、風通しの良い場所で陰干しする。

・洗濯機で洗えない玄関マットの場合は、掃除機でゴミやホコリを吸い取り、洗濯用中性洗剤でブラシを使って擦りながら洗う。最後に、水で良くすすいだら、マットを平らにして陰干しすること。

・玄関マットも日々のお手入れが大事。汚れた都度落としたり、ゴミやホコリもその都度取り除く事が重要。

・玄関マットを洗う頻度は1~2週間に1回程度で良い。

・臭いが付着してしまった時は重曹をカビ落としには、消毒用エタノールスプレーを使うと良い。

 

以上が今回ご紹介した内容のまとめです。

 

玄関マットと言っても素材やデザインの異なる物が沢山販売されています。

 

インテリア重視で選ぶのも良いですが、自分が無理なく手入れできるような素材の玄関マットを選ぶことも重要かもしれませんね。