普段の生活で身につけることの多い「パーカー」。

 

しかし、使っていくにつれて経年劣化で服は伸びていってしまいますよね。

 

 

 

「多少の伸びは仕方ないにしても、お気に入りのパーカーや限定品のパーカーは長く着ていたい!」「伸びてしまった裾や袖を少しでも戻したい!」

 

こういった悩みを持つ方は少なくないと思います。

 

そこで今回は、『衣服(パーカー)を縮ませる方法』についてご紹介していきます。

 

お困りの際はぜひ参考にしてみてください!

 

衣服(パーカー)を縮ませる方法

 

①洗濯機・乾燥機を活用する方法

「ac 写真 乾燥機」の画像検索結果

 

洗濯機を活用する方ですが、素材によって縮ませ方が異なるのでお気をつけください。

 

✔ 綿の場合

 

綿製の衣類は、熱によって縮む性質があります。

 

綿をお湯で膨張させ、乾燥させることによって衣類を縮ませることができます。

【用意するもの】

✔ 洗濯機

✔ 乾燥機

手順

  1. 洗濯機の水温を高温に設定します
    高温の設定ができない場合はお風呂の残り湯を活用してみましょう。
  2. 洗濯の時間を一番長い時間に設定し、衣類を洗濯します
    この時、より多くの水を含ませた方が縮みやすくなるので一番長い時間に設定しましょう。
  3. 乾燥機の温度を一番高い設定にして乾燥させます
    完全に乾燥するまで乾燥機から出さないようにしましょう。
  4. 縮みが足りないと感じた場合は、少しずつ以上の行程を繰り返します。

※一度縮ませた繊維はデリケートな状態になっていますので、2度目以降は想像以上に縮んでしまう場合があります。ご注意ください。

 

【CHECK!!】

 

乾燥機が無い場合は衣服を固く絞り、フードなどの重みで伸びるのを防ぐためにハンガーに逆さに吊りましょう。

パーカー用のハンガーを活用するのもおすすめです。

 

 

✔ ウールの場合

 

ウール製の衣類は、摩擦によって縮む性質があります、

 

昔に「洗濯機で洗うとセーターが縮む」と言われていたのは、洗濯する際の摩擦が大きかったためです。

 

ですので、摩擦を「加えすぎない」というのがポイントになります。

【用意するもの】

✔ 洗濯機

✔ 乾燥機

手順

  1. 洗濯機の設定をデリケートコースに設定し、衣類を洗濯します
    ウールは他の繊維よりもデリケートな為、水洗いは厳禁です。また、熱、摩擦に弱い為洗濯機を回す時間は短めに設定しましょう。
  2. 乾燥機の温度を一番低い設定にします
    ウールはすぐに縮んでしまうので一番低い温度に設定し、様子を見ながら乾燥させます。
  3. こまめに様子を見ながら均一に乾燥させます
    上記にも述べた通り、ウールはとてもデリケートな繊維ですので、縮みすぎてしまった場合は冷たい水に約30分ほどつけておき、布に包んで乾かしましょう。

②コインランドリーを活用する方法

「ac 写真 コインランドリー」の画像検索結果

 

洗濯機・乾燥機を活用する方法をご紹介しましたが、服を縮めるために洗濯機や乾燥機を使うのは勿体無い気もしますよね。

 

そんな時はコインランドリーを利用するのもオススメです。

 

最近では、コインランドリーの数も増えてきて最新の機能を搭載した洗濯機を手軽に利用できるようになりました。

 

ご家庭の洗濯機では細かな設定ができないことも多いかと思いますので、是非コインランドリーを活用してみてください。

 

③ドライヤーを活用する方法

 

一番お手軽にできる方法にドライヤーがあります。

 

袖口や襟口など小さい範囲の場合はドライヤーがオススメです。

【用意するもの】

✔ ドライヤー

✔ お湯

✔ (あれば)おしゃれ用洗剤

手順

  1. お湯で縮ませたい箇所を濡らす
    おしゃれ用洗剤を温水に混ぜておき、繊維をコーティングすると痛みが少なくて済むのでオススメです。
    (※熱湯の場合は熱湯に浸けた段階である程度の縮みがあります。熱湯だけで十分だった場合は弱い温風と冷風を交互に当てて乾燥させましょう)
  2. 弱めに設定したドライヤーの温風を外へ向かって当てる
    急激に温めると歪な形に縮んだりしてしまうので弱めの温風を当てましょう。ここでもう一つ注意していただきたいのが風の向きです。肩から襟口、肩から袖口を外側に向かって必ず風を流しましょう。
  3. お好みの縮み具合になるまで繰り返す
    時間は段々と短めにしていくと失敗が少なく済みます。欲張りすぎは失敗の原因になりますので気長に縮ませましょう。

④クリーニングを活用する方法

 

ウールや絹素材のようにデリケートで失敗しやすい繊維の場合は、クリーニングを活用するのもいいですね。

 

少しお高くはなってしまいますが、確実に衣服を縮めることができます。

 

プロの方へ頼むと安心感がありますし、時間がない方にもオススメできる方法です。

 

オプションで施してくれるお店も多いですので一度相談へ行ってみるといいかもしれません。

 

衣服(パーカー)を縮ませる際の注意点

①温度に気をつける

綿は高温、ウールは低温とそれぞれの繊維にとって適切な温度は異なります。

 

ダメージの蓄積も大きくなり、布の使用期限が短くなってしまいますので、洗濯タグをしっかりと確認してから作業しましょう。

 

②一度にたくさんの服を縮めない

一度にたくさんの服を洗濯機・乾燥機に入れてしまうと均等に乾かなかったりして失敗の原因になります。

 

失敗を防ぐために多くても2〜3枚程度にとどめておきましょう。

 

また、同じ系統の素材同士であるかよく確認することも重要です。

 

③色落ちに注意

今回ご紹介した方法は服を縮めるために繊維を大きくしたり、水分を含ませて膨張させるものでした。

 

これらの方法は服の繊維を膨張させ、中の色素が落ちやすくしてしまいます。

 

少しの色落ちは仕方がありませんが、できるだけ色を落としたくないという方は事前におしゃれ用洗剤でコーティングしておくと良いでしょう。

 

まとめ

まとめ

 

✔ 衣服(パーカー)は、綿(コットン)の場合は「熱」、ウールの場合は「摩擦」がで縮ませることができる。

 

✔ 縮める方法としては、「洗濯機・乾燥機を活用する」「コインランドリーを活用する」「ドライヤーを活用する」「クリーニングを活用する」の4つの方法がある。

 

✔ 作業を行う上で、「温度」「一度にたくさんの服を縮ませる」「色落ち」には注意する。