スポンサーリンク

 

お化粧直しの際や、ふとしたタイミングで衣服にファンデーションが付いてしまう事はありませんか?

 

直ぐに対処して洗濯したつもりでいたのに、なぜか落ちなくて困った経験があるという方は対処に問題があったのかもしれませんよ?

 

今回は、ファンデーションを誤って衣服に付けてしまった際の正しい応急処置とシミ汚れの落とし方をご紹介致します。

 

スポンサーリンク

ファンデーション汚れは強敵

 

 

ファンデーション汚れはとても落ちにくいことで知られています。

 

理由としては、その成分。ファンデーションは顔料と油の組み合わせなのですが、この顔料が落ちにくさを助長しているのです。

 

確かに、メイクをしていてファンデーションがポロポロと落ちてしまっては困りますからね。

 

顔料は粘土鉱物などが使用されている事が多く、いわばファンデーション汚れとは「油汚れと泥汚れの複合汚れ」となるのです。

 

ファンデーションを構成している成分が食品とは異なる為、応急処置の方法も少し変わってきます。

 

食品汚れなら正しいハズの応急処置が間違っている場合もありますので、まずは正しいファンデーション汚れの応急処置からご紹介していきましょう。

 

スポンサーリンク

超大切!応急処置方法

 

 

食品汚れもファンデーション汚れも、衣服に付いてしまった場合は対応の早さと応急処置が非常に大事です。

 

正しい応急処置をご紹介いたします。

 

①パウダーファンデーションの場合

パウダーファンデーションの粉を衣服に落としてしまった場合は、焦らずに対応しましょう。

 

乾いた粉末タイプであるパウダーファンデーションであれば、乾いた状態をキープして衣服から払い落してあげることで事無きを得る場合が多いです。

 

下手に、水分を含んだおしぼりやティッシュなどで拭き取ろうとしてしまうと返って衣服の繊維へと塗りこむ形になってしまいますので、あくまでも払い落とすイメージで対応すべきでしょう。

 

②リキッドタイプやクリームタイプの場合

パウダーファンデーションと違い、やってしまった!と思うのはリキッドやクリームタイプをこぼしてしまった時ですよね。

 

まず、絶対にしてはいけない応急処置は「こすること」これは想像できますよね。伸びが良いリキッドやクリームを衣服に落としてこすれば当然汚れの範囲を広げてしまうだけです。

 

次にやってはいけない事は「水に濡らしたおしぼりなどでポンポン叩く」です。ドキっとした方、いるのではないでしょうか?

 

一見、正解の応急処置に見える方法ですがファンデーション汚れの場合はNG行為なんです。

 

③正しい応急処置

 

 

一番簡単で、効果が高い応急処置は「メイク落としシート」を使った方法です。

 

衣服についてしまったファンデーションを、まずは【乾いた】ティッシュなどに染み込ませます。その後、メイク落としシートを使い広がらないようにつまむ様にして衣服から落としましょう。メイク落としシートを使って、つまみ取ったり軽く叩いたりしながらファンデーションを落としていきます。

 

ある程度ファンデーションが落ちたのを確認したら、トイレなどにある手洗い用などの石鹸をシミ部分に馴染ませましょう。汚れを石鹸で浮かせたら乾いたティッシュで拭き取るを繰り返し、シミが目立たなくなったらぬるま湯で洗い流します。

 

手順を簡略化して再度お伝えしますね。

正しい応急処置マニュアル

1.落としたファンデーションを乾いたティッシュなどに染み込ませて取り除く

2.メイク落としシートでつまむ様に、軽く叩くようになどして落としていく

3.石鹸などをシミ部分に馴染ませて軽く揉む

4.汚れを浮かせたら乾いたティッシュに染み込ませて拭き取る

5.汚れが落ちるまで3と4を繰り返す

6.最後にぬるま湯で洗い流す

 

応急処置のキーワードは、染み込ませる・吸い取らせるです。

 

こする、拭くというイメージよりも別の生地に染み込ませたり吸い取らせるイメージで応急処置をしましょう。

 

また、応急処置で真っ先に水分を含んだおしぼりなどで拭き取ろうとすることは逆効果という事も覚えておきましょう。ファンデーションに水を含ませてしまうと、油分と水分が混ざり合い落ちにくいシミを作り出す原因になってしまいます。

 

それでは、応急処置を終えて本格的に衣服についたファンデーション汚れを落とす方法をご紹介していきましょう。

 

スポンサーリンク

ファンデーション汚れの落とし方

 

 

応急処置を終え、帰宅したら本格的にファンデーション汚れを落としておきましょう。

 

①クレンジングオイルで汚れ落とし

 

 

化粧であるファンデーション、そして化粧を落とす為のクレンジングオイル。

 

当たり前の組み合わせですが、当たり前のように衣服についた化粧を落とす際にも効果を発揮してくれます。

【用意する物】

・クレンジングオイル

・歯ブラシやコットン、綿棒など

汚れ

手順

1.まずは、衣服についたファンデーション汚れ部分にクレンジングオイルを塗ります。

2.しっかりと馴染ませる為に、歯ブラシを使いトントンと叩くように汚れを浮かせていきます。

この時、歯ブラシでは衣服を傷める可能性がある生地であればコットンや綿棒を使うと良いです

3.汚れが浮いてきたらぬるま湯で洗い流しましょう。

4.シミが目立たない事を確認できたら通常の洗濯をして終了です。

 

化粧を落とす為の商品であるクレンジングオイルで落とす方法がやはり一番良いでしょう。注意しなければならない点が一つあります。

 

クレンジングオイルを衣服に塗布する前に、衣服を濡らさないでください!

 

メイクを落とす時にクレンジングオイルを使う時と同じです。先に濡らしてしまうと洗浄力が落ちてしまうのは、顔でも衣服でも同じ理由です。

 

化粧の油分にクレンジングオイルの油分を混ぜ合わせて落とすので、混ざらない水分は邪魔になってしまうという事ですね。

 

②台所用洗剤で代用する方法

 

 

クレンジングオイルを切らしてしまった!という場合を想定してこちらもご紹介します。とはいっても用意するものが、台所用洗剤に置き換わるだけです。

 

上記手順のクレンジングオイルを台所用洗剤で代用する事も出来るので緊急時には試してみて下さい。

 

衣服や洗剤によっては、衣服を傷める可能性もありますので目立たない箇所に少し試してからだと安心して行えますよ。

 

まとめ

・ファンデーション汚れ=油汚れ+泥汚れ。

・応急処置のキーワードは吸い取る、染み込ませる。

・ファンデーション汚れにはクレンジングオイルが最適。

・台所用洗剤はシミ落としの際、クレンジングオイルの代用品として使える。

 

今回は、衣服についたファンデーション汚れを落とす方法についてご紹介いたしました。

 

応急処置は衣服のシミ汚れを語る上で、本当に重要な処置です。

 

間違った応急処置をすることで、せっかくの一着が台無しになってしまうなんて事もありますので、正しい応急処置を覚えておくと万が一の際に安心ですね。

 

外出時は、メイク落としシートを持ち歩かないという方も居るかもしれませんが不測の事態に備えて、メイクポーチに忍ばせておくと安心ですよ。

スポンサーリンク