自分のお気に入りの洋服や、日用品を収納する【クローゼット】。

 

常に締め切った状態ですし、洋服などの布類は湿気を吸い込みやすいので、湿気対策をしておかないと、大切なお洋服やお気に入りの物にカビが発生する心配もありますよね。

 

今回は簡単に取り組めるクローゼットのカビ防止対策についてご紹介していきます。

 

日頃のちょっとした工夫で予防ができます。

 

クローゼット内のカビ発生の2つ原因

①換気をまめにしていない

クローゼット内の洋服や収納物をホコリから守るため、殆どのご家庭ではクローゼットは常に密閉されていることが多いと思います。

 

しかし、この密閉空間に汗や皮脂がついたままの衣類や布団を収納してしまうと、このことが原因で、クローゼット内部は常に湿度が高い状態になります。

 

②クローゼット内部にホコリがたまっている

カビの大好物は、ホコリや皮脂汚れ!これらは、繁殖のための栄養分となってしまいます。

 

意外とクローゼット内をお掃除する機会って少ないのではないでしょうか?

 

ホコリがたまっていれば収納されてる衣類、布類に含まれている湿気と相まってまさにカビの温床となってしまいます。

 

クローゼット内のカビ防止対策

 

 

具体的にクローゼット内にカビを発生させないための対策をご紹介します。

 

基本的には、先程挙げた2つの原因に関して対策をしていけば、カビを防げるでしょう。

 

最大のポイントはクローゼット内の“風通しを良くすること”と“内部を清潔に保つこと”です。

 

①洋服や物品をつめこみ過ぎないよう、収納する

 

 

衣類を隙間なく詰めるようにハンガーにかけて吊るすのは、おすすめできません。

 

衣類と衣類の間に余裕がないと風が通らなくなってしまいます。

 

できれば、衣類と衣類の間には手が通るくらいの空間を開けましょう。

 

余談ですが、断捨離も兼ねて定期的にお洋服の入れ替えをする、いらなくなった洋服や物品を処分するなどして、クローゼット内の風通しを心がけましょう。

 

②クローゼット内に風をあてる

クローゼット内の空気を一新するためにも、扇風機で湿った空気を外部へ追い出しましょう。

 

湿度が低く、よく晴れたお天気の日に窓を開けて、外気にあてるだけでも湿気対策になりますよ。

 

もしくは、週に数回、一日中クローゼットの扉を開け放しておくのも効果があります。

 

とにかく、湿気を追い出すことでクローゼット内の空気を入れ替える事が重要です。

 

③着用した洋服をすぐにクローゼットにしまわない

 

 

一日中着ていた背広や上着は、すぐにクローゼットに収納しないようにしましょう。

 

カビは汚れと湿度が大好物ですので、汗や皮脂が付着した洋服をすぐにしまうのはいただけません。

 

一度袖を通した服は、一晩干して湿気を飛ばしてホコリを払ってからクローゼットに収納しましょう。

 

また、クリーニングから戻ってきた衣類は、ビニールを外して収納しましょう。

 

④クローゼット内に温度計をおく

カビが発生しやすい温度は20℃~30℃だそうで、25℃が最もカビの発生率が高い温度です。

 

クローゼット内に温度計を置いて、目安にしましょう。

 

⑤除湿剤で対策する

 

 

吊るした衣類の合間にクローゼット用の除湿剤を備え付けましょう。

 

湿気をゼリー状に固めるタイプの除湿剤だと、取替のタイミングがわかりやすいでしょう。

 

また、大抵の衣類用除湿剤には消臭効果も伴っていますので、衣類を常に清潔な状態に保たれます。

 

置き型の除湿剤は、クローゼットの下側に置きましょう。湿気は空気より重いので下方に溜まるからです。

 

⑥手作り除湿剤で予防

除湿剤を購入するのが手っ取り早いですが、化学薬品を使いたくないのでしたら、お手軽に手作りできます。

 

100均ショップで購入できる重曹や備長炭を口の広い空き瓶やプラスチック製容器に入れて、不織布や和紙でふたをして輪ゴムでとめます。

 

重曹、備長炭のどちらも消臭効果がありますので、市販の除湿剤の代用になります。

 

クローゼット内にカビが発生したら

 

 

 クローゼット内のカビ予防対策をしても、湿度の高い梅雨の時期などはカビが発生することもありえます。

 

 この時期には風通しのために、クローゼットを開けておくのは逆効果です。換気の気流にのって、カビの胞子を部屋中に撒き散らしてしまう恐れがあります。

 

すぐにお掃除してカビを除去しましょう。

【用意する物】

・アルコール除菌スプレー

・ぞうきん

・マスク

・ゴム手袋

汚れ

手順

1.クローゼット内の収納物を全て外に出しておく

2.乾いたぞうきんにアルコール除菌スプレーをたっぷり吹き付ける

3.カビを広げないように、周囲から中心に向かって、ぞうきんで拭き取る

4.しばらく扉を開けたままにして換気をして、クローゼット内を完全に乾かす

5.出しておいた収納物を再びクローゼット内に戻す。この時、収納物にカビが付着していないか、よく確認する。

※ アルコール除菌スプレーを直接カビに吹きかけないよう注意しましょう。カビが飛 散するリスクがあります。

 

まとめ

・クローゼット内のカビ発生は、不十分な換気とホコリが原因。清潔さをキープしましょう。

・具体的なカビ予防対策としては、衣類や収納物をつめこみ過ぎない。

・クローゼット内の換気をよくするため、定期的に内部に風をあてましょう。

 もしくは、週数回、扉を開け放しておきましょう。

・着用後の衣類をすぐにクローゼットにしまわない。一晩干しておく。

 収納の際は、ホコリを落とす。

・除湿剤で湿気対策をする。自然派の除湿剤は、重曹や備長炭で手作りして備え付ける。

・もし、カビが発生したら、クローゼット内のお掃除をする。その際にアルコール除菌スプレーで拭き掃除が効果的。