スポンサーリンク

 

6歳未満の乳幼児に義務付けられているチャイルドシート。

 

シートベルトでは140センチ以上の人の安全しか守ることができません。

 

かわいいお子様の命を守る必須アイテムです。

 

そんな、チャイルドシートですが、お子様が乳幼児の時期はどうしても汚してしまうものです。

 

お菓子の食べカスを落としたり、飲み物をこぼしたり、時には嘔吐したり、ウンチをしたり・・・。

 

大切なお子様のためにも、いつも清潔にしておきたいですね。

 

この記事では、チャイルドシートの洗い方について紹介していきます。

 

スポンサーリンク

チャイルドシートの洗い方

 

素材にポリウレタンが使用されている場合は、水で洗うことで劣化につながりますので、チャイルドシートのクリーニングを扱っているクリーニング屋さんにお願いしてみましょう。

 

<下準備>

1.チャイルドシートを車から外します。

*チャイルドシートを外したあとの車のシートにも食べカスや埃などがついています。掃除機をかけるようにしましょう。

 

2.チャイルドシートに食べかすや、部分的なシミなどないか確認します。

食べかすや埃は、ポロポロ落ちますので、先に掃除機で吸い取れるものは吸い取っておきましょう。

 

*もしここで嘔吐物やウンチがある場合は、まず、目に見える嘔吐物やウンチをティッシュやタオルなどで拭き取ります。

 

3.チャイルドシートの部品を外せるところは全て外してください。

外してみると、隙間に食べかすや埃が溜まっているのがわかるかと思います。

 

*後で、組み立てる時に困らないように、取扱い説明書を用意しておきましょう。掃除機を使ってゴミなどを吸い取ります。

 

<本体(プラスチック部分)の洗い方>

1.タオルや古布などを水で濡らし、固く絞ります。

 

2.全体を拭きます。

 

3.除菌スプレーをかけます。

 

4.その後、乾いた布で乾拭きします。

 

<シートカバー、保護マットの洗い方>

洗濯機の場合

 

1.目立つ汚れやシミを落とします。

 

2.汚れがひどい箇所は、クレンジングオイルをつけて歯ブラシでこすります。手でもみ洗いをして、すすぎます。

 

3.洗濯機可能なものは、洗濯機で表示通りに洗ってください。

*洗剤は、液体洗剤がオススメです。粉の洗剤ですと、生地の中に残ったりすることがあります。

 

4.除菌スプレーをかけます。

 

5.直射日光の当たらない風通しのいい日陰で陰干しします。

 

手洗いの場合

 

1.大きめの容器に、40度前後のぬるま湯をはり、中性洗剤を入れます。

 

2.お湯の中にシートカバーと保護マットを入れます。

 

3.押し洗いします。

 

4.よくすすぎます。最低3回はすすいでください。

 

5.すすぎ終わったら、洗濯機で3から5分、脱水をかけます。

 

6.除菌スプレーをかけます。

 

7.直射日光の当たらない風通しのいい日陰で陰干しします。

 

スポンサーリンク

スポンジ部分の洗い方

 

*割けたりしている時は、洗わずに掃除機だけにしましょう。

 

1.容器に、洗剤をとかします。

ぼろぼろになりやすいので、優しくもみ洗いしてください。

 

2.泡が出なくなるまでよくすすぎましょう。

 

3.優しくしぼります。

 

4.除菌スプレーをかけます。

 

5.直射日光の当たらない風通しのいい日陰で陰干しします。

 

<ベルト部分の洗い方>

1.容器に、40度前後のぬるま湯をはり、中性洗剤を入れ、ベルトをつけます。

 

2.汚れがひどい箇所は、使い古した歯ブラシでこすりとりましょう。

 

3.お湯を入れ替えよくすすぎます。

 

4.水気をタオルでふき取ります。

*金属部分は、錆の原因になりますので、洗い終わったらすぐ拭き取るようにしましょう。

 

5.除菌スプレーをかけます。

 

6.直射日光の当たらない風通しのいい日陰で陰干しします。

 

取り外せなかった部分の洗い方

1.タオルやキッチンペーパー、使い古した歯ブラシなどに水で薄めた洗剤を染み込ませます。

 

2.汚れをこすり落とします。

 

3.水で濡らしたタオルをよく絞ります。

 

4.洗剤と汚れをしっかり拭き取ります。

 

5.最後に乾いた布で乾拭きしてください。

 

6.除菌スプレーをかけて乾かします。

 

 

スポンサーリンク

カビの落とし方

 

1.カバー、保護マット、ベルトの場合

 

2.もしカビが生えていた場合は、酸素系漂白剤を使って落としてみてください。

容器に50度以上のお湯に酸素系漂白剤を溶かします。

*カビ菌は50度以上で死滅します。

 

3.しばらくつけておきます。

 

4.しばらくするとカビがとれているはずです。

とれていない場合は使い古した歯ブラシなどで落としてください。

 

5.その後は、洗濯可能であれば、洗濯表示通りに洗濯してください。

そうでなければ手洗いしてください。

 

本体(プラスチック部分)の場合

1.タオルなどに消毒用のアルコールを染み込ませます。

 

2.カビの部分を軽く叩きます。

 

3.優しく拭いてカビを落とします。

 

4.直射日光の当たらない風通しのいい日陰で陰干しします。

 

まとめ

✔ チャイルドシートを外す前に、取り除ける汚れをチェックし、タオルで拭き取るか、掃除機をかけて取る。

 

✔ プラスチック部分は固く絞ったタオルなどで拭き取る。

 

✔ シートカバーや保護マットは、最初にシミなど気になる汚れを部分洗いしてから、洗濯機で洗濯か手洗いする。

 

✔ ポリウレタン素材は洗えないのでクリーニング屋さんにお願いする。

 

✔ スポンジ部分は、割けたりしていたら掃除機をかけるだけにする。

 

✔ カビは50度以上の漂白剤につけて落とす。

 

✔ プラスチック部分のカビは、消毒用のアルコールで落とす。

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事