【ガラステーブルの掃除方法】汚れの落とし方&汚れ防止・お手入れ方法を紹介

 

お洒落なインテリアとしてお部屋をスタイリッシュに見せてくれる『ガラステーブル』

 

透明な天板が光を反射し、洗練された演出にもピッタリ。

 

しかしその反面、近くで見てみると埃などの汚れがつきやすく、目立ちやすいもの。日頃のこまめなお手入れを心掛けましょう。

 

お子様のいる家庭は特に、指の跡がくっきりとついてしまったりしますよね。

 

また、飲み物をこぼしてしまったり、指で触ってしまったり、そのままにしておくと脂汚れや水垢汚れとなって落ちにくくなってしまいます。

 

簡単に汚れが落ちない場合は、クリーナーを使ってキレイにしておきましょう。

 

ガラステーブルの汚れの落とし方

 

ガラステーブルに付着しやすい汚れの種類は大きく分けて『埃』『脂汚れ』『水垢汚れ』の3種類。

 

普段からアルコールスプレーを用意し、簡単な汚れや埃はその都度キレイにしておきましょう。

 

なかなか落ちない油汚れや水垢汚れには、洗剤やガラス用クリーナーを使います。

 

ここではそれらを使った基本的な汚れの落とし方をご紹介します。

 

まずは汚れを確認する

 

まずは照明を当ててみましょう。目からの角度をズラしてみると、見えていなかった指の跡や埃が意外とたくさんあることがわかります。

 

黒い布やシートなどがあればなお良いですが、黒いものを裏側に置いて背景にすると、それだけで汚れをしっかり把握することができます。

 

ガラステーブルの汚れの種類

普段の生活をしている中で、ガラステーブルにとって汚れとなりやすいものの種類はこの3つ。

 

・ほこり

・手指の脂

・カルキ

 

【王道】中性洗剤を使った汚れの落とし方

 

なかなか落ちない汚れには中性洗剤を使います。

【用意する物】

・中性洗剤

・やわらかいスポンジ

・タオル

中性洗剤を使った汚れの落とし方

❶ 薄めの洗剤液に雑巾を浸します。

❷ 雑巾を絞り、テーブルを拭きます。

❸ テーブルに洗剤の成分を残さないように、洗剤を拭き取ります。

薄めの中性洗剤がオーソドックスな方法ですが、ガラス用クリーナーもよく使われています。

 

ガラス拭き用のクリーナーを使った汚れの落とし方

(画像をクリックすると商品を確認できます)

 

ガラスの表面をコート・保護して汚れを防止してくれるガラス用クリーナーもあり、その後のお手入れが簡単になるのでオススメです。

【用意する物】

・ガラス用クリーナー

・雑巾

・タオル

・スポンジ

ガラスコートの使用例を参考に挙げておきます。細かなルールはそれぞれの洗剤のパッケージをご覧ください。

ガラス用クリーナーを使った汚れの落とし方

❶ 濡れた雑巾で汚れを落とします。

❷ クリーナーをスポンジにつけてムラを作らないように塗り込みます。裏面もしっかり塗り込みましょう。

❸ しばらく時間をおき、ガラスの表面がクリーナーで白くなるまで乾かします。

❹ 拭き取り用の雑巾で全体を拭き取ります。

❺ 仕上げ用の布(タオル)でクリーナーの保護膜の面を整えます。

 

普段のお手入れ方法

普段のお手入れにはアルコールがぴったり

消毒用のエタノールや、パストリーゼなどのアルコール成分入りの除菌スプレーを使用しましょう。

 

アルコールはすぐに蒸発するので、拭いた後が残りにくく、除菌効果もあるので効果的です。

【用意する物】

・仕上げ拭き用の柔らかい布(マイクロファイバータオルやメガネクロス)

・アルコールスプレー

アルコールスプレーの使い方

❶ スプレーを吹き付けてから、乾いた布で拭きあげましょう。

❷ テーブルが乾いた後、白っぽい汚れが残っている時は、カルキ成分や洗剤成分が残っている状態です。再度仕上げ拭きをしましょう。

 

水拭きはNG

 

水拭きだけでも軽い汚れは落ちますが、カルキ成分が残ってしまいやすく、拭いた後が目立ってしまいます。

 

アルコールスプレーを用意するか、水拭きをした後すぐにきちんと乾拭きしましょう。

 

日頃の準備にスプレーを作っておく

ガラステーブルにおける3大汚れの「空気中の埃」「手指の脂の跡」「水に含まれるカルキ成分」。

 

それぞれに対応したスプレーを事前に作っておくと何かと便利なので、余裕のある場合はぜひ作り置きしておいてください。

 

脂汚れには重曹水やセスキ炭酸ソーダ水、水垢汚れにはクエン酸スプレーが基本。

 

それぞれを水で溶かしてスプレー容器に入れておくだけです。

 

セスキ炭酸ソーダ水のスプレーは指紋対策にマスト!

(画像をクリックすると商品を確認できます)

 

特に指紋の汚れが気になる場合は、「セスキ炭酸ソーダ水」だけでも常備しておくと良いでしょう。

 

セスキ炭酸ソーダ水というのは、重曹のような働きをする白い粉末です。

 

手垢の元になる手の脂汚れなどを分解するパワーが、重曹よりも優れています。百均でも販売されています。

 

まとめ

 

清潔に手入れされているガラステーブルはとても理想的ですよね。

 

存在感のあるインテリアであるからこそ、忙しい時でもキレイにしておきたいですよね。日頃のこまめなお手入れを大切にしましょう。

ガラステーブルの汚れは・・・

①薄めた中性洗剤などを含ませた雑巾で汚れを拭き、

②洗剤の後が残らないように乾拭きをしましょう

専用のクリーナーを使用する場合は・・・

①クリーナーを塗り込み、

②乾かします

③全体を拭いた後、キメを整えながら拭き取ります。

お手入れの基本は・・・

①アルコールスプレーで除菌すること。

②オススメはできませんが、水拭きをする場合はすぐに乾拭きをして水分を拭うこと