【クッションファンデパフの洗い方】簡単!おすすめの洗浄方法・干し方を紹介!

 

リキッドファンデーションを簡単につけることができ、またそのまま持ち運びもできるという手軽さから流行しているクッションファンデーション。

 

付けるのも簡単でツヤ肌になれるのでお使いの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

 

毎日使っていらっしゃるという方が多いと思いますが、気づけばパフが結構汚れていることってありますよね。

 

 

リキッドファンデーションはパウダーファンデーションとは違い湿り気があるので、そのまま使い続けると衛生面も気になるところです。

 

そこで今回は、そんなクッションファンデーションパフの正しい洗浄方法についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

クッションファンデーションとは?

 

 

コンパクトの中に入っているスポンジにあらかじめリキッドファンデーションが染み込ませてあり、付属のパフを押し当てることによりファンデーションを取ることが出来ます。

 

ファンデーション部には液漏れを防ぐ蓋などがあり、ファンデーションの液漏れを防ぐ構造となっているので、気軽に持ち歩くことが可能です。

 

また、コンパクト内にパフを収納することが出来るので、リキッドファンデーションとは違い、ファンデーションとパフケースを常に一緒に持ち歩く煩わしさがないことのも人気の要因です。

 

パフは1週間に1度は洗いたい!

 

 

クッションファンデーションのパフはパウダーファンデーションなどのパフとは違い、液体がパフの内部まで浸透しない構造になっています。

 

使用し続けていると、湿り気が残る感じがありますが、限りなく表面に近い部分のみが湿っている状態となります。

 

気になる衛生面ですが、リキッドファンデーション自体は常に湿っている状態を想定して作られているので雑菌がわきにくい処方が施されています。

 

パフ自体にも抗菌作用が施されているものが多いです。

 

ですので、使用後は毎日洗浄するというほど、パフを清潔に保たなくてはいけないというわけではありません。

 

しかし、肌の状態やファンデーションの管理状態は人それぞれ。

 

同じパフの使用を続けることによって、肌荒れの原因になったり化粧ののりが悪くなったりと様々な問題の原因になることもあります。

 

使用頻度にもよりますが、最低でもパフの洗浄は、一週間に一度を目安に洗浄することをおすすめします。

 

クッションファンデパフの洗い方

①食器用洗剤で洗う方法

 

 

リキッドファンデーションはもともと油分が多いので、食器用洗剤を使用することにより、油を浮かせ落とすことが出来る方法です。

 

自宅にあるものでできるので手軽に行っていただくことが出来るのでおすすめです。

【用意するもの】

✔ 食器用洗剤 1~2滴

✔ パフ

✔ ぬるま湯  1リットル程度

✔ 洗面器

✔ 乾いたタオル

手順

  1. 洗面器の中にぬるま湯を入れます。
  2. 食器用洗剤をパフに直接垂らし、よく揉みます。
  3. パフを洗面器に入れ、ぬるま湯の中でもう一度よく揉み洗いします。
  4. 洗面器のぬるま湯を捨て、再度綺麗なぬるま湯を入れ洗います。
  5. 3と4を汚れが無くなるまで繰り返します。
  6. 乾いたタオルでパフを挟みます。
  7. 水気がなくなったら、風通しの良い場所でパフをよく乾燥させます。

注意点としては、「研磨剤」などが含まれている洗剤を使用しないことです。

 

研磨剤によって陶器などの汚れは良く落ちますが、今回のパフに研磨剤を使用してしまうと、せっかくのパフがボロボロになってしまいます。

 

今回は、油汚れを浮かせ落とすことが出来ればよいので、研磨剤が入っていない一般的に「台所用洗剤」や「食器用洗剤」「中性洗剤」といわれる種類の洗剤を使用してください。

 

また、水ではなく「ぬるま湯」を使用することにより、お湯が油分をふやかしパフから離れやすくさせる効果があります。

 

もちろん、水でも汚れを落とすことは出来ますが水の場合お湯と比べパフに油分が残りやすくなってしまうため、ぬるま湯の使用をおすすめします。

 

②クレンジングオイルで落とす方法

 

 

メイク落としでクレンジングオイルを使用している方はおすすめの方法です。

 

メイク落としには、ファンデーションを落とす力が備わっており、顔のメイクを落とす作用と同じようにパフの汚れも落とすことが出来ます。

【用意するもの】

✔ クレンジングオイル 2~3滴

✔ 洗面器

✔ ぬるま湯 1リットル程度

✔ 乾いたタオル

手順

  1. 洗面器にぬるま湯を入れます。
  2. クレンジングオイルをパフに直接2~3滴たらしよく揉みます。
  3. 洗面器のぬるま湯を2~3滴ほどパフにたらし再度よく揉み込みます。
  4. 洗面器のぬるま湯にパフを入れ、汚れを出すように洗います。
  5. 洗面器のお湯を捨て新しいお湯を入れて再度パフを洗います。
  6. 4と5を数回繰り返し、汚れが出なくなるまで洗います。
  7. パフを乾いたタオルで挟みます。
  8. 水気がなくなったら風通しの良い場所でパフをよく乾燥させましょう。
 乳化作用について

オイルを付けて揉み込んだ後のパフにお湯を数滴だけたらして再度揉み込むことにより少し白くなってきます。

 

この作用を「乳化作用」といい、あらかじめ少量の水をなじませておくことにより、すすぎの際に汚れが水となじみやすくなり、大量の水に直接入れてすすぎをする際より汚れが落ちやすくなる効果があります。

 

この「乳化作用」通常のメイク落としの際にも効果的で、クレンジングをしてすすぎをする前に手のひらに数滴お湯を垂らし、その数滴を顔に伸ばしなじませてからすすぎをすることにより、メイク落ちも格段に良くなります。

 

③専用のリムーバーを使用する方法

 

 

 

各化粧品メーカーから、パフの汚れ専用のリムーバーが販売されており、リムーバーを使用した洗浄方法です。

 

食器用洗剤やクレンジングオイルを使用した際とほぼ同じ手順です。

【用意するもの】

✔ パフ専用のリムーバー

✔ 洗面器

✔ ぬるま湯 1リットル程度

✔ 乾いたタオル

手順

  1. 洗面器にぬるま湯を入れるます。
  2. 専用のリムーバーをパフに数滴たらします。
  3. よく揉み込みます。
  4. 洗面器のぬるま湯に付け、汚れを良くすすぎます。
  5. パフを乾いたタオルにはさみ水気を取ります。
  6. さいごに風通しに良い場所で良く乾燥させましょう。

 

クッションファンデパフの干し方

①干す際の注意点

綺麗に洗ったパフも乾燥を怠ってしまうと台無しです。

 

乾燥に時間がかかったり、中までしっかりと乾燥できていない場合そのまま使用すると雑菌が繁殖し臭いの原因になったりひどい時にはカビが生えてしまう可能性もあります。

 

そこで、必ず行ってほしいことは「乾いたタオルで包む」ことです。

 

パフ洗浄の手順の最後に必ず乾いたタオルで包むことにより、パフのほとんどの水分をタオルに移すように心がけてください。

 

この方法により、パフが乾く時間を格段に早くすることができ、中心部までしっかり乾かすことが出来ます。

 

②正しい干し方

洗濯ピンチのような吊るせる状態での乾燥が全体をまんべんなく乾かすことが出来るのでおすすめです。

 

しかし、洗濯バサミで挟んだ箇所だけ乾かないということもありますので、「洗濯ネットに入れてから吊るし干し」すると、通気性も良く全体も乾くのでおすすめです。

 

クッションファンデーションを綺麗に使用するコツ

 

 

洗浄までの約一週間、少しでもパフを綺麗に使いたいですよね。

 

ファンデーションを付ける際、パフ全体に押し付けるのではなく、パフの半分にファンデーションを付け使用します。

 

1週間の真ん中の日までこの半分の面を使い、折り返しの日からは、もう半分の綺麗な面を使用します。

 

半分だけパフを使用することにより、1つのパフを頻繁に洗うことなく、なるべく綺麗なパフの面を使用することが出来ます。

 

また、パフの半分だけファンデーションを付けることにより余計なファンデーションを取ることがないので厚塗りを抑える効果もあります。

 

まとめ

まとめ

 

 パフの洗い方として、中性洗剤で洗う方法がある。

 

 パフの洗い方として、クレンジングオイルで乳化させながら洗う方法がある。

 

 パフの洗い方として、パフ汚れ専用のリムーバーを使用する方法がある。

 

 洗浄後は乾いたタオルでしっかり水分を吸い取る。

 

 干す際は吊るして干すのが全体的にまんべんなく乾くのでおすすめ。

 

いかかでしたでしょうか?

 

パフを綺麗に保つことにより、毎日の化粧の仕上がりもかなり変化があると思います。

 

タオルで水分を大方取ってから干すことにより乾燥時間も大幅に短くすることが出来るので乾かなくて困る心配もないです。

 

パフ洗浄の際にはぜひ、この方法で洗浄してみてはいかがでしょうか?