人工大理石は、アクリル樹脂やポリエステル樹脂を主な成分とした人工素材です。

 

デザインも豊富でインテリアにも取り入れやすく人気がありますので、お使いの方も多いかと思います。

 

この記事では、人工大理石キッチンのお掃除やお手入れ方法について解説していきます。

(最後の注意事項は必ずご確認ください)

 

キッチン周りの汚れの原因

 

汚れの原因を知ることはお掃除の基本です。

 

まずは、キッチン周りの汚れには、どんなものがあるのかみてみましょう。

キッチンの汚れ

・水垢・・・水分が蒸発したあとのミネラルでアルカリ性の汚れです。

・石鹸カス・・・洗い残しの洗剤とミネラルが固着したものです。

・油汚れ・・・油を使った食器などを洗う際につく汚れです。

・カビ

主に油溶性の汚れですので、台所用中性洗剤で落とすことができます。

 

人工大理石キッチンの掃除・お手入れ方法

 

大理石でできたキッチンシンク・カウンターの日常のお手入れは、水を含ませた布巾などで拭くだけです。

 

汚れがシミになりやすいので、こまめに拭くようにしましょう。

 

汚れが残って取れない場合は台所用中性洗剤を使う方法をお試し下さい。

 

【用意する物】

・やわらかいスポンジ

・台所用中性洗剤

汚れの取り方

柔らかいスポンジに台所用中性洗剤を含ませ、優しくこすります。

*必ず優しく擦ってください。表面のコーティングが剥がれて艶がなくなる原因にもなります。

柔らかいスポンジで落ちないところは、メラミンスポンジで優しくこすります。

水で洗い流します。

乾いた布巾などで水気を拭き取ります。

 

それでも落ちない頑固な汚れの場合は液体クレンザーを使った方法がおすすめです。

【用意する物】

・液体クレンザー

・布

汚れの取り方

液体クレンザーを布につけます。

*クリームクレンザーや研磨剤入りのスポンジは使用しないでください。

優しく擦ります。

水で洗い流します。

❹ 乾いた布巾などで水気を拭き取ります。

 

目地(継ぎ目や隙間)などは、使い古した歯ブラシに台所用中性洗剤をつけて擦りましょう。

 

黄ばみ汚れの落とし方

 

時々、人工大理石のキッチンには黄ばみ汚れがみられます。

 

もし、ご家庭のキッチンに黄ばみがある場合はメラミンスポンジを使った落とし方がおすすめです。

【用意する物】

・メラミンスポンジのみ

黄ばみの落とし方

メラミンスポンジを水で濡らします。

黄ばみの気になるところを優しく擦ります。

 

それでも落ちない場合は、キッチン泡ハイターを使用して落とします。

 

【用意する物】

・キッチン泡ハイター

・キッチンペーパー

・ラップ

頑固な黄ばみの落とし方

黄ばみの気になるとこにキッチンペーパーをおきます。

キッチン泡ハイターを吹きかけます。

上からラップをかぶせます。

2時間ほどおきます。

*必ず2時間はおいてください。時間が短いと落ちない場合があります。ただし8時間以上は絶対におかないでください。

水でしっかり洗い流すか、流せない場所は、しっかり拭き取ります。

 

【注意点】

・手が荒れる場合がありますので、ゴム手袋の着用をおすすめします。

・また、塩素臭がしますので、換気扇を必ず回してください。

濃い色の人工大理石キッチンの場合はこの方法を試すのはお控えください。

 

 

注意事項

 

以下の4つについて必ず掃除前に確認し、注意しましょう。

注意事項

・人工大理石は天然大理石とは異なり柔らかく、傷がつきやすいので粗いたわしやスポンジなどで擦らないでください。

・クリームクレンザーは粒子が大きいため傷がつきやすいので、液体クレンザーを使用してください。

・色の濃い製品では、クリームクレンザーや研磨剤入りナイロンタワシで磨くと白色変色の可能性があります。どうしても使用したい場合は一度目立たない場所で試してから使用するようにしてください。

・クエン酸や酢などの酸を使った掃除はしないようにしてください。酸が表面の加工を溶かす可能性があります。

 

汚れの防止方法

 

人工大理石は、アクリル樹脂やポリエステルなどでできているため、汚れが付きやすいのが難点です。

 

日ごろから、汚れを防止することが大切です。

 

汚れ防止方法は以下のようになります。

 

・使用後は、すぐに拭くようにしましょう。

 

・キッチン保護シートを利用してみましょう。

 

透明なものも出ているので違和感なく使えるのではないでしょうか。素材もいろいろあるようですので、お好みで選んで使用されるといいかと思います。

 

・人工大理石用のコーティング剤を利用してみましょう。

 

人工大理石用のコーティング剤が市販されていますので、汚れ防止対策としての使用されてみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

・油溶性の汚れが主なキッチン周りは、台所用中性洗剤と柔らかいスポンジで落とす

・人工大理石は擦りすぎると表面の加工が剥がれる可能性があるので必ず優しく擦る

・頑固な汚れは、粒子の小さな液体クレンザーで優しく擦り洗いする

・黄ばみはメラミンスポンジで優しく擦って落とす

・どうしても落ちない頑固な黄ばみはキッチン泡ハイターを吹きかけ2時間置いて落とす

・人工大理石は傷がつきやすいので粗いたわしやスポンジなどで擦らない

・クリームクレンザーは粒子が大きいため傷がつきやすいので、液体クレンザーを使用

・クレンザー使用の際、色の濃い製品では、変色の可能性があるため、目立たない場所で試してから使用

・クエン酸や酢などの酸を使った掃除はしない

・汚れ沈着防止のため使用後は、すぐに拭く

・キッチン保護シートや人工大理石用のコーティング剤を利用して汚れ防止する方法もある